人気ブログランキング |

伊勢エビを抱いて寝る

ebitosoine.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おめでとう

d0180694_23474254.jpg

去年の12月に高校時代の友人が結婚しました。

僕は友達の結婚式というものが初体験だったんですが、
その式で僕は友人代表として余興を行う役を仰せつかったのでした。




実際に依頼を受けたのは式の4ヶ月前で、「なんか素敵なムービーを作ってくれ」とのことでした。

「こんな感じで」

と参考に見せられた誰かのお祝いムービーが妙に手が凝ってて、感動するっぽいヤツで、

「なんかすごいハードル設定してきやがったな、このメガネは、、、」

と一瞬戸惑いました。



まあでも4ヶ月もあるし、どうにかなるかって事で、「余裕っす」と快諾しました。
ちなみに、今まで映像編集なんかやった事ありませんでした。



そして、式を一週間前に控えた日、ある事に気づいたのです。





「オレマダナンモヤッテネー、、」





しかも新郎からメールが来て




 >>ムービー制作頑張ってくれててありがとう☆
   大変やろうけどよろしくお願いします。



とか書いてある。

胃が痛い、、、。




とにかく何か作らなきゃいけないので、同じく高校の友人であるオショウを召還。会議を始めました。




どうやら新郎はたくさんの友人が出演している映像をご所望されている。

だけど残り一週間でそれを集めるのはムリ。かといってデジカメなんか持ってなかったから、高校時代の写真もない。

二人で何パターンもお祝いメッセージを撮って、たくさんの人からメッセージをもらった様に装おうか。

でもたぶん二人しかいないってばれる。

タキシード柄を描いた全身タイツで新郎と「新婦争奪クイズ」をやろう。

でもオショウは全身タイツを着るのが恥ずかしい。





という感じで結局何も決まらず月曜になってしまいました。式は土曜日。

こうなったら、友人の出演が無くても作れるアニメーションでいこうと決めました。
内容は友人S(以前の記事に登場したビデオ試写室の男)の助言もあり、フィクションドラマで
いくことに。


アニメーションの作り方が分からいので、作業は毎日深夜まで及び、会社での労働時間よりも家での作業時間の方が長いというありさまに。会社では常に半寝。


僕が使える資料は以下のもの




■新郎の写真数枚
d0180694_2333733.jpg

d0180694_2335439.jpg

d0180694_234753.jpg



■写メでもらった新婦の写真1枚


で、出来上がったのがこちらのムービーです↓(リンクありません。URLコピぺで見て下さいませ)
http://www.youtube.com/watch?v=uwtx-6l2aTU



動作確認のために、式場のスタッフさん達がセッティングしてる最中に会場の真ん中に座らされて
この動画を見るというのが一番つらかったです。辱めを受けている気分でした。



本番はみなさんにそれなりに楽しんでもらえて良かったんですが、(特に「牛歩」のくだりで、他の人が無反応な中、新郎の叔父さんだけが「牛歩って!!ww」と笑ってしまい、周りとの温度差に気付いて気まずそうにしているのが印象的でした。)

僕の余興の後に新婦側のお友達が新婦に向けて手紙(感動系)を読む流れだったので、このギャップはやりづらそうだなと、少し申し訳なくなりました。






d0180694_23393957.jpg

作中に登場する新婦のお父様ですが、何の情報もなかったので、とにかくみんなが分かりやすい誰かをモチーフにしようということでこのような感じなりました。



しかし、実際に本人を見るとあながち遠くもないビジュアルで、髪型とかすごく似てて、

「セリフがいかん。『新郎ぶっ殺す!』くらい言わせんと!WAHAHAHA!!」

とか言っててすごくたくましかったです、、、。コワカッタ〜、、、。(実際はとてもいい人で映像のお礼も仰ってくれました。)




今回分かった事は、結婚式の余興の準備がギリギリになると胃が痛むという事です。
最後に、

    


   伊藤くんと伊藤さん、結婚おめでとう。





PS 式を進行する神父はカタコトの日本語じゃないといけない法律でもあるんだろうか、、、。
by tfap-4x4 | 2011-03-02 23:59